to ton ton blog | 暮らしよくする探検家

YOKUSURU means making better not becoming

『おすすめの大人の趣味 3選 —アウトドア編— 』秋の夜長に趣味をはじめよう

f:id:bridgestoneyui:20171005095601j:plain

こんにちは。くまやき(@kumayak1)です。暑さもひと段落したこの秋、新しい趣味を始めてみませんか?本日は、アウトドア編です!ちょっと独特なものもありますが、参考にしていただけたら幸いです。

▼前回のインドア編の記事はこちら。

『おすすめの大人の趣味 5選 —インドア編— 』秋の夜長に趣味をはじめよう - to ton ton blog | 暮らしよくする探検家


では、スタートです!画像多めなので、検索から来ていただいている方は目次から選んでスキップするのをおすすめします。

 

ドライブ

まずおすすめはドライブです。どこに行ったらいいかわからないという方はまず、水と木のあるところに行きましょう!水と木があるところは基本的にどこに行っても外しません。湖や川や海を目指して車を走らせます。

そして、そこに行くためには運転中も必然的に都会を離れた田舎になるので、もれなく非日常が味わえます。

 

以前住んでいた道東でおすすめスポットもご紹介します!道東は道幅が広く、車も少ないし、中でも道東は自然が多く残っていて、魅力ある自然スポットに溢れています。

 

シカやキツネは道路に当たり前のようにいて、道路の両側にシカという光景も特に珍しくありません。シカがもし道路を横断していたら、ハザードをたいて後ろの車に知らせて止まりましょう。運転する際は気をつけてください!

屈斜路湖

f:id:bridgestoneyui:20170925013428j:plain

曇りですが、晴れてる日に見える景色はもっと最高です!この写真は美幌峠から見た屈斜路湖です。晴れた日はさらに言葉を失うほど綺麗です!

美幌峠で釧路の方面に向かう時の車からの景色が良すぎて、運転を忘れてしまいそうなくらいです。車のCMにも使われています。

 

また、屈斜路湖には、川湯というところがあって、大人も子供も楽しめるスポットです。掘ると温泉が出てきます!真夏の観光シーズンになると、水着ではしゃぐ子供たちや、ズボンの裾をまくって我を忘れて童心に帰ってしまう大人たちがたくさんいます。

 

近くにテントを張れるスポットもあるので、子供は湖で遊ばせ、大人たちは音楽を流しながらコーヒーやBBQも気持ち良さそうでした。近くにBBQセットを貸してくれるところはないので、持参してください。

 

あとは、屈斜路湖に行ったら必ず食べてほしい、COVOというお店です。ジブリに出てきそうな素敵なお店で、ログハウスもご主人が建てられたというので驚きです。全て美味しいのですが、中でもペペロンチーノが絶品で、あまりに美味しくて、片道1時間半を2週間後にまた行った美味しさです。ガーリックとオリーブオイルの風味が絶品です!

神の子池

f:id:bridgestoneyui:20170925095458j:plain
続いてのおすすめが神の子池です!スマホでもこんな写真が撮れるほど綺麗です。

 

摩周湖の伏流水が1日に12,000t湧き出ており、池の底を見ると、水が絶えず湧き出ているのが分かります。水深5mです。水が澄んでいるために底まで見えます。曇りでも、雨が降っていてもコバルトブルーです。

 

また、水温が年間を通して5℃と冷たいので中の木が朽ちずに残っています。神の子池という名にふさわしい神秘的な雰囲気があります。池の中にオショロコマという魚が泳いでいるのも見えます。観光バスも停まるため、静かにこの自然を楽しみたい方には早朝がおすすめです。この自然を贅沢に独り占め出来ます。

オンネトー

f:id:bridgestoneyui:20170925021121p:plain

出典:たびらい北海道「『オンネトー』五色沼と呼ばれる足寄の秘境湖の楽しみ方」

こちらも湖の色とっても綺麗。日によって光の当たり方や時間帯などで湖の色が変わって見えるので、五色沼とも呼ばれているそうです。

 

雨の日に行ったこともありますが、それでも青かったです。これからの時期は紅葉も観られるので、凪いでいる日は特に、奥に写っている雌阿寒岳と雄阿寒岳が湖に映って綺麗です。

 

それ以外の時期でも綺麗ですが、冬は湖面が凍ってしまって、水の色が見えないのでご注意ください。完全に凍っている時と、溶けている時しか行ったことがないのでなんとも言えないですが、氷の溶けはじめの時期も神秘的で綺麗だそうです。

 

ここも観光バスが泊まるので(観光バスは長居はしませんが)、絶景を独り占めしたい方は早朝の訪問がおすすめです。

 

津別峠の雲海(2016年7月23日 iPhone6で撮影)

▼日の出前(午前3時18分)

f:id:bridgestoneyui:20170925021901j:plain

 

▼太陽がちょっと顔を出しました(午前4時11分)

f:id:bridgestoneyui:20170925095719j:plain


▼日の出後(午前4時18分)

f:id:bridgestoneyui:20170925021910j:plain

 

心が揺さぶられます。見に行った日は、自宅を2時出発だったのですが、その早起きの価値は絶対にあります!こんな色の空、こんな景色見たことありませんでした。

 

北海道で雲海といえば、トマムが有名ですが、こちらは津別町という町の、津別峠というところから見られた雲海です。トマムで雲海シーズンに雲海を見れる確率は30〜40%と言われていますが、津別峠では50%の確率で雲海を見ることができます。

 

見たこともない空の色と、太陽が出てきた時の暖かさと感動。一生忘れられない景色です。明け方は夏でも冷えるので、ブランケットや上着は必須です!

 

この後にコーヒーを飲んだら、最高の一日ですね。出発前の時間に余裕があれば、水筒に温かいコーヒーを淹れて持って行けばよかったと思いました。一生忘れない景色が見られます。

 

カヌー

釧路川源流のカヌーがおすすめです!初めて行ったカヌーが楽しすぎて、今までやったことなかったのに、二年半で6回カヌーしました。

川を外から眺めることはあっても、川の中からの景色って見ることはないですよね。視点を変えて見ると、見えるものも違ってきます。

 

釧路川源流は、カヌーの聖地と呼ばれていて、全国からカヌー屋さんがこの自然の魅力に魅せられて移住してきてしまうほど。私がお世話になったカヌー屋さんたちも、みんな道外から来た方々でした。

 

▼釧路川源流カヌーの上からの景色(5月頃)

f:id:bridgestoneyui:20170925030253j:plain

 

▼釧路川源流カヌーの上からの景色(7月頃)

f:id:bridgestoneyui:20170925030418j:plain

一緒にカヌーに乗っていると、どの方々も、自然が大好きなことが伝わって来ます。

カヌーイストによっては、岸にカヌーを泊めて川の中で水遊びをさせてくれたり、ザリガニ釣りをさせてくれたり、コーヒーやお菓子を休憩の時にご馳走してくれたりします。

 

こちらの話をずっと聞いていてくれるカヌーイストもいれば、鳥の声を聞いて鳥の種類を教えてくれるカヌーイストもいます。皆さんそれぞれ個性的かつ、アットホームです。

 

また、カヌーの上で飲むコーヒーや紅茶は格別です。カヌーは軽い力で進みますし、疲れたら休めば良く、同乗タイプならばほぼスタッフの方が漕いでくれます。

私が利用させて頂いたカヌーツアーのサイトを記載しておきます。上の方から満足度の高かった順に記載します。

  • ぢぢかぬー (満足度120%!ザリガニ釣りとコーヒブレイクが絶品)
  • そもくや (雑貨あり。おしゃれでデザイン性のあるカヌー屋さん)
  • アトレーユ(ご家族経営アットホームカヌー屋さん。ペンションも最高)

 

農業

f:id:bridgestoneyui:20170925112837j:plain

趣味が農業ってどういうこと?という方もいるかもしれませんが、農家さんのお手伝いです。畑や土地はもちろん無いので、土を触りたい、太陽を浴びたいという欲求を満たすために始めました。私が経験した農家さんを開拓する方法を教えます。

 

①アルバイトを募集している農家さんに連絡する

私の勤めている会社は副業禁止なので、ボランティアであればいいだろう!ということでその旨を農家さんにアルバイトの問い合わせフォームから連絡しました。不定休で週2日しか行けないことも伝え、電話で軽く面接をして採用をしてもらえました。

 

当時の私はまだ車を持っていなかったので、農家さんが他のおばあちゃんお手伝いさんを迎えがてら片道40分ほどかけて迎えに来てくれました。農家の方はなぜかみんな優しい!

 

そこで住み込みで働いている同世代とも話したり、彼らが住んでいる古い昔の一軒家に一晩泊まったり、休みの日に一緒にカフェに行ったりしました。自転車で日本一周している人もいれば徒歩で日本一周している人もいたり、いろんな人がいてとっても楽しかったです。

 

お昼ごはんも出してくれるんだけどこれが本当に美味しい!

農作業は玉ねぎ収穫したり、畑の雑草むしりをしたりしました。野菜はこうやって出来ているんだ、と学べるだけでも価値のあるものでした。

 

②知り合いの親戚の農家さんのお手伝い

勤務している部署のパートさんのご親戚が農家で、「農作業とか好きなら手伝いくる?」「行きます!」との会話がきっかけで働かせてもらいました。

もし農業の盛んな地域なのであれば、家族や友人に農家の方がいる可能性が高いので、聞いてみると良いと思います。

 

毎日やっている農家の方は、農作業なんて楽しくないと言いますが、たまにやるのは非日常で、土をいじったり、おいしい空気の中で汗をかいて体を動かすことで身も心もリフレッシュされました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。皆さんの趣味になりそうなものは見つかりましたでしょうか。寒くなってきますが、寒いからこそアウトドアで自然を満喫しましょう。いつもと違った景色が見えるはずです。