to ton ton blog | 暮らしよくする探検家

YOKUSURU means making better not becoming

自分の強みを見つけるための診断3選【就活や転職にも】自分の長所を生かした仕事をする!

f:id:bridgestoneyui:20171021103817j:plain

こんにちは。くまやき(@kumayak1)です。

突然ですが、皆さんは自分の強みってすぐに言えますか?

えっと、、と考えこんでしまう人もいるのではないでしょうか。

自分で自分の強みを見つけるってなかなか難しいですよね。

そこで今回は、あなたの強みを見つけてくれるツールを3つご紹介します。

ストレングス・ファインダー【有料】

f:id:bridgestoneyui:20171022000522p:plain

Clifton StrengthsFinder

あのイケダハヤト氏をはじめとして、ブロガーの間でも経験者多数。こちらは、無料では診断できませんが、有料であるのも頷ける厚みのある診断結果が返ってきます。

うかつにも、皆さんが載せている、緑の背景の強みが5つ書いてある画面を保存するのを忘れてしまいました。

ストレングス・ファインダーは、34の資質から、あなたの強みを示してくれます。

また、診断された結果をPDF形式でダウンロードして保存することができます。

f:id:bridgestoneyui:20171022003141p:plain

わたしの強みは、『個別化』『共感性』『成長促進』『適応性』『原点思考』でした。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (462件) を見る
 

わたしの強みでは「教師」に適性があるようでした。意図せず、今まで「学校の先生をしていそう」とかなり多数の人に言われてきたので、当たっているのかもしれません。

この診断を受ける前に、人生でやりたいことリスト100にも「日本語教師か英語の先生になる」と書いていたので、「教える」ことに興味と適性がある。

『感受性』『受容力』『親密性』『冷静沈着』『決断力』でした。

グッドポイント診断

f:id:bridgestoneyui:20171022004030p:plain

グッドポイント診断 | 転職なら【リクナビNEXT】

転職サイトリクナビが提供するグッドポイント診断です。無料ではありますが、質問事項がおよそ300項目あり、ボリュームのある診断となっています。

 

グッドポイント診断では、18の要素からあなたの強みを示してくれます。ストレングス・ファインダーに比べると、診断のフィードバックは薄いです。

ですが、無料なので、まず簡単に自分の強みを知りたいという方はこちらから。

 

エニアグラム【無料】

f:id:bridgestoneyui:20171021233100p:plain

エニアグラムで自己分析|エニアグラム無料診断

自分が20歳以下だったときにどうだったか考えるようにしてください。

20歳以下がその人の本質だからです。自分は「こうありたい」、「ねばならない」ではなく、20歳の自分を想定して直感でチェックしてください。

自分に当てはまるもの、思い当たるもの、そして賛同できるもの、すべてにチェックを入れてください。問題は全部で90問あります。

 とのこと。設問に答えていくと、下の方にある

f:id:bridgestoneyui:20171021235122p:plain

この画面に数値が出ます。最も数値の多かったタイプをクリックすると、診断結果を見ることができます。わたしはタイプ2の「献身家」でした。

診断結果のページでは、そのタイプの『こだわり・決してしないこと・されて嫌なこと・プラス面・リーダーシップの取り方・マイナス面・問題点・このタイプへのアドバイス・学ぶべきタイプ・象徴する色彩・描く絵の特徴・職業適性・同じタイプの有名人』を見ることができます。

 

診断結果の強みを生かす方法

診断結果をいくつか並べて見ると、共通点が見えてきます。自分で自覚のあった強みはもちろんですが、自覚していなかった強みもあったことでしょう。

 

自分の強みを知り、そうかと納得して自信にするのも、もちろん良いことです。

ですが、

就活・転職活動=この強みを生かして自分は何が出来るのかを考える

仕事に生かしたい=自分の強みを生かした仕事の進め方は何かを考える

ことで、診断の結果を120%生かすことができます。

 

気軽に出来る方法ばかりなので、ぜひやってみてください。自分では気付かなかった自分の長所が見つかります。