to ton ton blog | 暮らしよくする探検家

YOKUSURU means making better not becoming

【口コミ】上質な本革スリッパ toe-to-knee(トートーニー)で革の経年変化を楽しむ

f:id:bridgestoneyui:20171026092230j:plain

こんにちは。くまやき(@kumayak1)です。

朝晩の冷え込みも厳しくなり、秋冬物のスリッパの購入をお考えの方も多いのではないでしょうか。

みなさんは、『to-toe-knee』というメーカーをご存知ですか?

スリッパなのに本革、toe-to-knee(トートーニー)の一枚の革を、一ヶ所だけ縫製してできたスリッパのレビューです。

to-toe-kneeを知らなかった方に、toe-to-kneeの使用感やメリットをお伝えする口コミ記事となっています。

 

▼トートーニーのオンラインストアにとべるようにしました

f:id:bridgestoneyui:20171026101635p:plain

トートーニーとは?

トートーニーは、はきものと革もののブランドです。

つま先からひざまでの「toe to knee」から名付けています。

身体の一部のように感じるはきものと

日常生活に寄り添ってくれるような革ものを

つくりたいと考えています

 ▲トートーニーより

 

浅草橋に本店があり、シューズ君というキャラクターがいます。

f:id:bridgestoneyui:20171026102355j:plain

実店舗は、毎週木・金・土の営業です。

 

また、いくつかのセレクトショップでも全アイテムではないですが、お取り扱いがあります。

 

 001 スリッパ おとな/ナチュラル M のレビュー

今回ご紹介するのは、一枚の本革でできた 「001 スリッパ おとな」のナチュラル色です。

f:id:bridgestoneyui:20171026102949j:plain

遠目から見るとパンのようにも見えますね。

ナチュラルの他にも、ブラック・ブラウン・ピンク・キャメル・イエロー・ライトブルーがあります。

また、サイズも「こども・S・M・L・2L・(3L)」まであるので、ご家族で揃えることもできます。3Lは、取り扱いのある色に限りがあります。

 

価格は、サイズによって異なります。

  • こどもサイズ:¥4,320
  • S〜2Lサイズ:¥4,860
  • 3Lサイズ:¥6,480

f:id:bridgestoneyui:20171026112948p:plain

サイズ感

f:id:bridgestoneyui:20171026103445j:plain

わたしがはいているのは、Mサイズです。普段、スニーカーやブーツは24cm前後のものを使うので、そのわたしが履いてつま先までしっかり足を入れると、1cmほどかかとの方が余る大きさです。

 

触りごこちと履き心地

トートーニーのスリッパは、内側には素足でも気持ちよく履いていただけるよう革の表面を、外側には滑りにくいよう革の裏面を使用しています。

 

f:id:bridgestoneyui:20171026103837j:plain

▲外側はスエード面なのでしっとりといった感じ

 

f:id:bridgestoneyui:20171026104144j:plain

▲内側は革の表面なのでツルツルです

 

つまり、本革を素足ではけてしまうというこの贅沢!

足を入れると、足にぴったりとフィットするような感覚があります。

革製品を素足ではくことってあまりないですよね。革って、素足で履くととっても気持ちいいです!

 

f:id:bridgestoneyui:20171026104907j:plain

内側のアップです。ゴツゴツしたシワのない、さらりとしたタイプの革が使われています。

トートーニーさんのホームページによると、革のなめし方は「皮膚感の残るベジタブルタンニン」とのことです。

 

また、一枚革で底にソールなどの余計なものがないので、非常に軽いです!

 

縫製はどうなっているのか?

f:id:bridgestoneyui:20171026103837j:plain

トートーニのスリッパは、本当に1枚の革で出来ています

インテリア関係に勤めているので、ソファの話をしますが、一枚革の製品は、質も良くて高価格です。

 

なぜなら、革を何枚もつなぎ合わせて作ったものは縫製の部分にどうしても力がかかってしまうので、そこから傷んだり壊れたりしやすいからです。

 

スリッパにも同じことがいえるのかわかりませんが、トートーニーのスリッパはつま先のカーブの部分を一ヶ所縫い合わせているだけです。

 

f:id:bridgestoneyui:20171026110132j:plain

中を見るとこんな感じになっています。この縫い合わせが、足を入れた時にすうっと自分の肌になじむ履き心地につながっているのかもしれません。

足を入れると、甲まわりに自然に添い、とても心地よいです。

 

経年変化するとどうなるのか?

f:id:bridgestoneyui:20171026105225p:plain

本革の楽しみといえば、育てあげた時の経年変化ですね。

現在は、使用したのが3日前なのでまだピカピカの状態です。トートーニーさんのHPによると、革が変化していくと、いずれこんな色の変化をするそうです。

こんなになるまで可愛がりたい!

革が馴染んで経年変化してきたころに、またレビューします。

 

おわりに

クリスマスの贈り物にも、もちろんがんばっている自分用にも、上質な本革で、経年変化を楽しめる一枚革のスリッパ、『to-toe-knee』はとってもおすすめです!