to ton ton blog | 暮らしよくする探検家

YOKUSURU means making better not becoming

【口コミ】ニトリのライトがコスパ最高!テーブルランプとペンダントライトを買いました

f:id:bridgestoneyui:20171114203954j:plain

こんにちは。くまやき(@kumayak1)です。

みなさんは、お部屋の照明はどんなものを使っていますか?

備え付けのシーリングライトを使っている方も多いのではないでしょうか。

今日は、ライトを変えるだけでお部屋の雰囲気がぐっとおしゃれに、ご家族のいる方も、みんなが帰ってきたくなるような、ぐっとリラックスできる空間を作る照明について、ご紹介します。

今回ご紹介したニトリの商品

 

間接照明とは

まず、「間接照明」とは、光を直接見せず天井や壁に光を当てて反射させて使う照明です。

間接照明の反対は「直接照明」で、天井についているシーリングライトのように、光源で「直接」お部屋を照らす照明のことをいいます。

 

間接照明のメリット

①光がやわらかくリラックスできる

f:id:bridgestoneyui:20171114211836j:plain

光が壁や天井に反射することで、お部屋全体がやわらかい光で照らされます。

シーリングライトの光を直接浴びると、身体は昼間と勘違いし交感神経が働くため、なかなか眠りにつくことができません。

夜、眠る前にテレビやスマホの画面を見て、なかなか眠れなくなってしまったことがある方もいるのではないでしょうか。

暗くなると、副交感神経が働くため、心も身体もリラックスすることができます。

 

②インテリアに奥行きが出る

f:id:bridgestoneyui:20171114213836j:plain

シーリングライトではお部屋全体が均一に照らされますが、間接照明では部屋がピンポイントに照らされるので影ができます。

 

絵や写真も影があった方がきれいなように、お部屋も影があった方が奥行きが出ておしゃれになります。

また、直接照明で照らした場合よりもお部屋が広く見えます。

 

間接照明のデメリット

①作業をするには明るさが不足する

ご飯を食べたり、何か手元を見ない作業をするには問題ありませんが、読書をしたり文字を書いたりするには間接照明では明るさが足りません。

 

読書をしたり、手元で作業をしたりする際は、デスクライトなどで手元を照らさないと目が疲れてしまいます。

 

f:id:bridgestoneyui:20171114211607j:plain

変更前のシーリングライトです。直接照明は、お部屋全体が明るく、均一に照らされます。

 

レビュー① テーブルランプ ナチュラ2AS NA

f:id:bridgestoneyui:20171114211836j:plain

電気につなげてライトをつけるとこんな感じになります。

 

f:id:bridgestoneyui:20171118101543j:plain

木材の部分はタモ材です。テーブルランプの価格が税込3,000円以下ということを考えれば、木材は、ちゃんとしたものは高い原料なので、現物を見るまでは使われているのは安い合板かと思いました。

 

しかし、ちゃんと見てみると

f:id:bridgestoneyui:20171118102106j:plain

よく見ると、土台の側面の部分まで、天板と同じ木目です。ということは、合板の上にシートを貼ったとは考えにくいです。

つまり、この大きさの木をそのまま使っているということで、ニトリさん、お値段以上の商品です!

 

タモ材は、木材の中でもしっかりしているというイメージが強いですね。

土台の裏側には滑り止めもついていて、木の重みもあり、簡単には倒れにくいです。

 

テーブルランプが2,848円、電球が462円で販売されています。

取り付けは、電球をつけて、コンセントに差して、紐を引くだけなので簡単でした。 

 

シェードの部分は麻になっており、光を灯すと、ぼんやりとした、やわらかい灯りになります。 

 

レビュー② ペンダントシェード 19004アサ-1

f:id:bridgestoneyui:20171114213836j:plain

 

天井の照明のペンダントシェードです。変更前は、もともとついていたシーリングライトを使用していました。

同じアングルから撮った写真でも、だいぶ印象が違いますよね。

f:id:bridgestoneyui:20171114211607j:plain

 

こちらも、テーブルランプと同じくの素材なので、電球の光が、麻の生地を通すことでやわらかい光としてあらわれます。

f:id:bridgestoneyui:20171118103536j:plain

 

天井の光り方を見ていただきたいのですが、これが間接照明の醍醐味である、反射させてお部屋全体を明るくするという照明の方法です。

 

f:id:bridgestoneyui:20171118103538j:plain

シェードとソケットは別売りになっています。シェードの内側はポリエステルに麻の生地を貼った作りになっています。

よく見ると、生地を貼った感じが見えているので、ちょっと安っぽく見えてしまうかもしれません。

ただ、761円という安さなので、妥協するかどうかは使う方次第ですね。

ここが見えないように内側に巻き込むなどの工夫がされていたら、もっとかっこよかったかもしれません。

 

シェードが761円、電球が462円、1灯用のソケットが1,190円です。

 

女性でもできる照明の取り付け方3STEP

照明を変えるのは、難しいというイメージはありませんか?実は、初めての女性の方でも、10分程あれば、お部屋の照明を変えることができます。

 

そして、お部屋の雰囲気がぐっと変わります!

特別な道具は必要ありません。天井に手が届くような、丸椅子や踏み台だけあれば大丈夫です。

 

①シーリングライトのカバーを外す

f:id:bridgestoneyui:20171114215756j:plain

カバーはくるっと左に回すだけで取れます。すると、本体が出てきます。

シーリングライトによってはもっと大きいものもあります。

 

②本体をソケットから外す

f:id:bridgestoneyui:20171114220040j:plain

オレンジの部分を押しながら左側に、およそ30°回すと、本体が取れます。

 

f:id:bridgestoneyui:20171114220334j:plain

外すとソケットが出てきます。形は丸だったり四角だったりしますが、この「p」と「q」の穴があるお家であれば、だいたいどのお家でも取り付けできます。

 

古いお家でなければだいたいどのお家もこのタイプのソケットがついています。

 ※古いお家ではソケットのタイプが違うことがあります

③ペンダントライトをソケットに取り付ける

f:id:bridgestoneyui:20171114222115j:plain

 最後に、ペンダントライトを取り付けます。ペンダントライトの先はこのような形になっているので、これを先ほどの「p」と「q」のソケットにはめて、今度は右側に、くるっと30°回します。

  

使う電球は「電球色」がおすすめ

f:id:bridgestoneyui:20171115100624j:plain

間接照明の良さを最大限生かすために、電球は電球色がおすすめです。

各電球の特徴をまとめます。

  • 電球色:オレンジ色の光が特徴。副交感神経を働かせるので落ち着く。
  • 昼白色:太陽光に最も近い色。真っ白にほんの少しだけ黄色が入った色のイメージ。小さいお子さんがいる場合には最適。
  • 昼光色:青みがかった白色。細部まで見えるが、目が疲れやすい。

 

それぞれの電球にメリットとデメリットはあるのですが、間接照明を最大限に活用するのであれば、電球色がおすすめです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

夜眠れなくて困っている方、お部屋の雰囲気をもっとリラックスできる空間にしたい方は、簡単に大きくお部屋の雰囲気をイメージチェンジできる、照明から見直してみてはいかがでしょうか。

 

わたし自身、お部屋の照明を間接照明に変えてから寝つきが良くなり、朝もすっきり起きられるようになりました。

 

以上、ニトリのテーブルランプとペンダントライトによる、お部屋のライティングを変える方法のご紹介でした。